つれづれなるまま・・・

アクセスカウンタ

zoom RSS オリムパスのモニター

  作成日時 : 2014/06/12 14:15   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

オリムパスが実施した「レーシーフラワーアフガン編みで編むペットボトルカバー」の
モニターに当選しました。
早速編んだので、経過を公開します。


6/9(月)、今回のモニター商品である「エミーグランデカラフル」が届きました。

画像



色は「カラフル」のラインナップ8色の中から選べたのでブルー系の「C4」を選択しました。
夏らしい涼やかな色合い。ツヤがあってきれいな発色の糸です。

画像



レース糸では多いパターンですが、外側から使います。

画像



段染めはどんな具合かというと、こんな感じのピッチで染められています。
ダークな色合いの部分が「締め色」になるかな〜。

画像



ではでは、オリムパスのサイトから編み図をダウンロードし、公開されている動画を参考にしつつ
編み始めましょ〜ぅヽ(^。^)ノ。
3段目までは長編みで普通に「丸形」を編んでいきます。1段目は24目。

画像



2段目は48目。

画像



3段目は60目。編み地が少しうねってきました。
糸を芯に巻く段階で撚りがかかっているようで、使っていくとねじれが少し気になります。
ときどき、くるっと半周くらい丸まった部分が、糸を押さえている左手指にあたります。
あまり気にせず編みすすめてしまいましたが、この「ねじれ」は取りながら編んだ方がいいかもしれません。

画像



「フラワーの上部」を編みます。6目一模様の半円を10個編みます。
これだけでもコースターとして使えそう。

画像



いよいよ「かぎ針でアフガン編み」の部分。
「前段の表編み目(たて目)」が見づらくて、最初はうまく拾えてません。

画像



これじゃぁ「アフガン編みの編み地っぽくないよねぇ・・・」と思って一旦ほどいて再挑戦。
それがこれです。1回目よりははるかにマシ。
が、よ〜く見ると3段目の左側のたて目が正しく拾えていませんでした。
今回の編み図のポイントの1つがここかと思います。
「3段目左側のたて目」が小さくなっているので拾いづらいんです。
ここを注意して、正しい目を拾うことが大事。

画像



アフガン編みの部分の段が完成するとこんな感じ。

画像



次に「フラワーの下部」を編んだら、こんな風に立ち上がってきました。
なんかカワイイ(笑)。

画像



という具合に編み続けて、3段目まで。

画像


フラワー部分にもポイントがあり、それが模様中央の「長編みの引き上げ編み」。
「フラワー下部」の段は上辺が水平になるように、「フラワー上部」の段は上辺が半円になるように
しっかり引き上げるのが大事。

・・・と、ここまで編んで初日は終了。
アフガン編みの部分の編み地がイマイチきれいじゃない&目が正しく拾えていないところがある、ので
最初のアフガン編みをはじめるところまで、一旦ほどくことにしました。
かぎ針でアフガン編みは初めてのことなので、まぁ試し編みしたということで。

目が拾いにくいのは、老眼のせいもあるんです。
毛糸の太さだと大して問題にならないんですが、さすがにレース糸だと・・・(苦笑)。
コンタクトだと、ひょいと外す、というわけにもいかないんで
翌日裸眼でチャレンジすることにしました。



さて、気を取り直して翌日。再度模様編みの1段目から編みすすめます。

1段目

画像


2段目

画像


3段目

画像


4段目

画像


5段目

画像


6段目まで〜。

画像


本体が編み上がりました〜。
・・・これ書いてて気付いたんだが、最終段はアフガン編みの段で終わりで良かったんだね。
もう一段フラワーの段を編んでいたんで、口の部分が図らずもヒラヒラになってます。
まぁこれはこれでカワイイんでこのままでいいや。


続いて、「ひも」。
同じ号数のかぎ針2本を使うという、これも初めての編み方。

画像



思ったよりもカンタンに、そしてきれいに編めました。
同じような編み地に仕上がるスレッドコードに比べると、「長さ」を事前に決めなくていいのがいいかも。
また、意外にも編み地がゆるまず、きれいなひもになります。

編み針2本をくるくると回しながら編むので、この画像のように使う針のデザインが違う方が
どちらで編んでいるのかがわかりやすいと思いました。
たまたまでしたが、怪我の功名。

ひも端の花モチーフは、編み図では4枚弁だったのですが、ちょっとさびしいかもと8枚弁にしてみました。
口の部分がヒラヒラなので、この方が合っているかな。
4枚弁だと多分、花というより四つ葉のクローバー風になります、きっと。

画像



本体にひもを通して・・・完成ー!!
思ってたよりも手早くできあがってしまいました〜。
引き上げ編みの部分が縦筋になって、案外すっきりした印象のペットボトルカバーになってます。

画像



そして残り糸がこれだけ。
ちょっとしたフラワーモチーフくらいだったら編めそうな分量が残りました。

画像




このモニターの募集記事がFacebookに載った途端、思わずモニターに応募してしまったんですが
しばらくレース編みをしていなかったんで、「細い糸で大丈夫かなぁ」とちょっと不安に思っていました。
が、#20くらいの太さだとレース針ではなくかぎ針2号でも編める太さなので
全く問題はありませんでした。
これで、ストックしてあるレース糸を消費する自信がつきました(笑)。

ここのところ時節柄「コットン糸」を手にすることが多かったせいか
きっちり撚られているレース糸は思いの外、編みやすいと思いながら編みすすめていました。
コットン糸は甘撚りの糸が多いので、どうしても糸割れに神経を使いますが
その心配をしないで済むので、スイスイ編みすすめられました。

また、糸が結構丈夫だと思いました。
今回、一度編んで〜ほどき、というのをやっていますが、糸表面がまったく荒れてない。
#20という糸の太さ、そしてこの丈夫さから、初心者でも扱いやすいレース糸なのではないかと
思いました。

今回使った「カラフル」は25g玉ということですが、意外と長さ(分量)があるんだなとも思いました。
当初、「この量でペットボトルカバーなんて編めるの??」と思いつつ編み始めましたが
足りないどころか余ったほどで・・・。
レース糸の一玉って案外コスパはいいのかもと思ったりもしました。

オリムパスのエミーグランデシリーズは段染め糸が多いのもいいですねぇ。
私、段染め糸、大好きなんです。
レース糸に限らずついつい買ってしまって、段染めの色具合と編み応えの間でいつも悩みます。
今回の編み図は段染め糸を使いながら、結構凝った模様編みでどうかな〜と思っていましたが
案外OKでした。
色がちょうど斜めに入る感じになり、面白い編み上がりになりました。


おまけになりますが・・・。
私は編み物をする際に糸玉が転がるのがイヤで、ヤーンカバー(もどき)をよく自作しています。
ティッシュペーパーの箱3つを使ったものや牛乳パックを使ったものなど、大きさを変えていくつか作って
糸玉の大きさに合わせたりなどして使っています。

今回使っていたのが、このヤーンカバー(もどき)。
元々は蛇口につける浄水器が入っていた小ぶりの段ボール箱で、それに糸口を開けて
裏打ちしたラッピングペーパーを張っています。
こんなものでもあるとないとでは編みやすさが大違いなんですね。
そんなわけで、手頃な大きさの箱があると、ついついストックしてしまうの今日この頃(苦笑)。

殊に今回のような外側から使うレース糸だと、ヤーンカバーはあった方がいいですね〜。
段ボールや牛乳パックの箱だとヤーンカバーとしてはちょっと軽いので
それなりの重さがあって、デザインがよく、手頃な価格のヤーンカバーがあるといいなぁと思います。
ホントに、あるとないとでは編みやすさが格段に違うので。

画像




久し振りのレース編み、すごく楽しめました(^-^)。

今、手元に色合いが大好きな「ハーブス」が色とりどりで20個くらいあるので
何を編もうかと思案中です。

今回のモニターで、レース編みを再開するいい機会を与えてくださったオリムパスの皆様
ありがとうございましたm(__)m。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オリムパスのモニター つれづれなるまま・・・/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる